ほくろは皮膚内のメラノサイトが以上に密集した状態なので、表皮上ならばどこにでもできる可能性があります。しかしながら顔にできたものは、その人の印象にも影響を及ぼすことが知られている割には、ゆかりの深い言葉が少ないのも特徴です。
ほくろの中でも目尻の下部にあるものが 泣きぼくろ と呼ばれるのですが、1mm程度の小さなものでも目立ちます。これは顔の表情のうちで、目の部分が占めることが大きいことによるもので、異性からはセクシーに見られるそうです。
一説には涙のように見えることから、か弱き女性を裏に秘めているので、世の男性の本能を強く刺激するとする説があります。
また異性から妙にセクシーに見られることから、異性関係に泣かされるといった説もあります。
占いに至っては、泣き虫・異性にだまされる・甘えんぼ などの意味がありますが、泣きぼくろはあまりいい印象でないのは確かなようです。
ほくろでも口角周辺にあるものは、愛情ぼくろなどとされ、セックスアピールのシンボル的存在になっています。これなどは、むしろ目より印象度が低いため、異性からは適度にセクシーだと受け取られていることのようです。
ほくろはできる箇所が遺伝によって決められており、自身で場所を選んでコントロールできないので、紫外線等の余分な皮膚への刺激をなくせば予防することができます。