ほくろの語源

2009年7月 4日 05:09 | コメント(0) | トラックバック(0)

表皮の一部にメラノサイトが密集してあつまった表皮の組織の異常であり、黒いものが多いので黒子と当て字をしていますが、ほくろと読むようです。ほくろの語源は古く、室町時代末ごろから呼ばれていたようです。
これ以前の中世の日本国民の間では、現代のように衛生事情が良くないこともあり、皮膚病が蔓延していた時代でもありました。このような時代背景もあり、古くは"ははくそ"が由来とされており、"母の胎内で付着した母の糞"といった意味であったとされていました。
やがて黒いことから鎌倉時代初期に"ははくろ"となって、ハワクロ、ハウクロ、ホウクロ、ホクロと順に変化していったようです。
意外と知られていないのは、ほくろができる箇所は先天的に決まっていることです。小さすぎたり、メラニン色素が沈着していないため、見た目での識別ができないだけです。
そこにニキビや紫外線などの外的刺激が加わってメラニン色素が産生され、ほくろとなって現れるということです。
似たような症状に そばかす や悪性黒色腫・脂漏性角化症・基底細胞癌などがあり、なかでも悪性黒色腫はメラノーマとも呼ばれます。
死亡率の高い癌ですが、素人の識別は困難なので、おかしいと感じたら皮膚科など専門機関で検査してもらうことをお勧めします。

 

 輸入住宅  脂肪吸引  家庭菜園
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

泣きほくろとは
ほくろの中でも目尻の下部にあるものが 泣きぼくろ と呼ばれるのですが、1mm程度の小さなものでも目立ちます。これは顔の表情のうちで、目の部分が占めることが大きいことによるもので、異性からはセクシーに見られるそうです。
胴部にあるほくろが示す運勢
ほくろは洋の東西を問わず、古くから占いの対象とされてきたので、様々なものが紹介されています。ここでは体の胴体部分に関するものをとりあげます。
四肢にあるほくろが示す運勢
ほくろは皮膚の中のメラノサイトが密集してできているので、占いの対象も全身にわたります。ここでは腕や足などの四肢に関するものをご紹介します。
指にあるほくろが示す運勢
洋の東西を問わず ほくろ に関しては、占いなどが良く研究されていますので、指にあった場合の一見解を示します。
体のほくろにみる運勢
ほくろは洋の東西を問わず、占いの研究対象とされてきたようですが、顔だけでなく見えない体の部分も様々な意味合いを持つようです。
手の平にあるほくろが示す運勢
ほくろは洋の東西を問わず、昔から占いなどの対象とされていますので、ここでは手の平にあった場合の運勢を占います。
付けほくろの効果
ほくろは顔や胸元、太ももなど露出の高い場所にあった場合、無意識のうちに注視する傾向があり、その意味を含めて相手に強く印象を与える効果があります。
顔のほくろにみる運勢
洋の東西を問わず、ほくろは人相学や占いの対象として研究され、付けほくろ をして役造りに励む役者も多いようです。特に顔にできたものはよく研究され、各種占いに利用されています。
脂漏性角化症とほくろの違い
脂漏性角化症は通称 老人性イボ と呼ばれ、シミによく似ていますが、わずかに皮膚から隆起しているので、判別は比較的容易です。
基底細胞癌とほくろの見分け方
見た目だけでなく、腫瘍などに進行するものもあるので、注意が必要なものに基底細胞癌(基底細胞癌)があります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/716

コメントする