悪性黒色腫とほくろの見分け方

2009年7月 4日 05:25 | コメント(0) | トラックバック(0)

ほくろは体のいたるところで見受けられ、特に顔に存在するものは目立つこともあり、気にしている人も多いようです。多くは直径が5mmくらいのものなので、それ以上の大きさに成長し、いびつな形であったりした場合は悪性黒色腫が疑われます。
メラノーマとも呼ばれるこの悪性腫瘍は、最初はメラノサイトが異常に密集した状態で重なり合った色素性母斑と呼ばれるほくろです。
その後紫外線などの刺激により特定の遺伝子が発動し、水平増殖期・垂直増殖期へとうつり悪性腫瘍となり転移するようになります。
またメラニン色素産生能と悪性黒色腫発生率には、負の相関があることが知られていて、肌の色が濃くなるにつれ、腫瘍の発生率は下がります。逆に極地に近い人種間で悪性黒色腫の増加が報告されており、昨今のオゾン層破壊による紫外線の影響が問題視されています。
ほくろが大きく、いびつに成長し周囲の皮膚との境目がはっきりしなくなるので、見た目で診断できることが多く、大きさの目安は長径6mm以上とされます。
ほくろと違うのは診断において転移の恐れがあるため皮膚生検ができないことです。したがって見た目で悪性と思われた場合、周囲の組織ごと摘出除去することが多く、専門医に診てもらう必要があります。予後は早期発見の場合は良く、早い治療が望まれます。

 

 国民生活金融公庫  香港旅行  自動車損害賠償責任保険
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

泣きほくろとは
ほくろの中でも目尻の下部にあるものが 泣きぼくろ と呼ばれるのですが、1mm程度の小さなものでも目立ちます。これは顔の表情のうちで、目の部分が占めることが大きいことによるもので、異性からはセクシーに見られるそうです。
胴部にあるほくろが示す運勢
ほくろは洋の東西を問わず、古くから占いの対象とされてきたので、様々なものが紹介されています。ここでは体の胴体部分に関するものをとりあげます。
四肢にあるほくろが示す運勢
ほくろは皮膚の中のメラノサイトが密集してできているので、占いの対象も全身にわたります。ここでは腕や足などの四肢に関するものをご紹介します。
指にあるほくろが示す運勢
洋の東西を問わず ほくろ に関しては、占いなどが良く研究されていますので、指にあった場合の一見解を示します。
体のほくろにみる運勢
ほくろは洋の東西を問わず、占いの研究対象とされてきたようですが、顔だけでなく見えない体の部分も様々な意味合いを持つようです。
手の平にあるほくろが示す運勢
ほくろは洋の東西を問わず、昔から占いなどの対象とされていますので、ここでは手の平にあった場合の運勢を占います。
付けほくろの効果
ほくろは顔や胸元、太ももなど露出の高い場所にあった場合、無意識のうちに注視する傾向があり、その意味を含めて相手に強く印象を与える効果があります。
顔のほくろにみる運勢
洋の東西を問わず、ほくろは人相学や占いの対象として研究され、付けほくろ をして役造りに励む役者も多いようです。特に顔にできたものはよく研究され、各種占いに利用されています。
脂漏性角化症とほくろの違い
脂漏性角化症は通称 老人性イボ と呼ばれ、シミによく似ていますが、わずかに皮膚から隆起しているので、判別は比較的容易です。
基底細胞癌とほくろの見分け方
見た目だけでなく、腫瘍などに進行するものもあるので、注意が必要なものに基底細胞癌(基底細胞癌)があります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/724

コメントする